8陣design blog : ハチジンデザイン ブログ

8陣design


プロフィール

カテゴリ

雑感 (18)


RFUJ ラジオフリーウイグルジャパン (14)


未分類デザイン (55)


フリーチベット (73)


フリー東トルキスタン (43)


フリー南モンゴル (16)


護台湾 (18)


中国 08憲章 天安門事件 (23)


フリービルマ (3)


北朝鮮 (1)


報道されなかった胡錦濤早稲田講演 (6)


LAST BATTALION (4)


少年ヒットラー (2)


キョーサン赤べえ! (7)


Change The World (4)


ビリケン&キューピー (8)


ドロップシッピング (3)


お知らせなど (3)




最近の記事

FREE Liu Xiaobo「劉暁波」適切な治療と自由を!のプラカード (07/07)


「チャイニーズタイペイ」ではなく「台湾」と呼ぼう!のデザイン。日台野球編! (09/11)


安保法案賛成のプラカードデザイン (09/10)


香港加油!支持香港!「圍城」のデザイン (10/04)


香港加油!支持香港!のプラカードデザイン (10/02)




コメント

mase:「Keep Taiwan Free 日本人支持台湾」台湾応援プラカードのデザイン (03/24)
フリー東トルキスタン!:「Team Chinese Taipei? Japan welcomes team "Taiwan" to Tokyo 2020」台湾は台湾だ!英語版のデザイン (11/14)
:「台湾は中国ではない!×チャイニーズタイペイ」のプラカードデザイン (10/02)
日野丸子:尖閣と竹島は日本の領土のプラカードデザイン。 (02/17)
rokuen:日本版ウォール街デモで中国政府の弾圧へ抗議!対中ODA反対と日本メディアの公正な報道を訴える! (11/11)
宮っち:反原発デモ用プラカードのデザイン。 (08/30)
日野丸子:「世界人権デー多民族パレード」用に用紙サイズの民族旗一覧 (07/15)


月別アーカイブ

2017年07月 (1)


2015年09月 (2)


2014年10月 (2)


2014年09月 (1)


2014年06月 (2)


2014年04月 (1)


2014年03月 (1)


2014年01月 (2)


2013年10月 (4)


2013年09月 (3)


2013年08月 (1)


2013年07月 (3)


2013年06月 (1)


2013年03月 (1)


2013年01月 (3)


2012年11月 (1)


2012年09月 (2)


2012年08月 (2)


2012年07月 (2)


2012年05月 (1)


2012年04月 (2)


2012年03月 (1)


2012年02月 (1)


2012年01月 (1)


2011年12月 (2)


2011年11月 (2)


2011年10月 (5)


2011年08月 (4)


2011年07月 (2)


2011年05月 (4)


2011年04月 (5)


2011年03月 (1)


2011年02月 (1)


2011年01月 (2)


2010年11月 (2)


2010年10月 (5)


2010年09月 (1)


2010年08月 (1)


2010年05月 (3)


2010年04月 (3)


2010年03月 (1)


2010年02月 (5)


2010年01月 (5)


2009年12月 (15)


2009年11月 (7)


2009年10月 (5)


2009年09月 (7)


2009年08月 (14)


2009年07月 (6)


2009年06月 (7)


2009年05月 (8)


2009年04月 (9)


2009年03月 (14)


2009年02月 (17)


2009年01月 (29)


2008年12月 (5)


2008年10月 (1)


2008年09月 (1)


2008年08月 (5)


2008年07月 (5)


2008年06月 (2)


2008年05月 (12)


2008年04月 (18)


2008年03月 (19)





8陣design blog > 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日(--曜日) | |
カテゴリ - スポンサー広告


日本人が素直に語れない恐怖心とトラウマ。

1月23日、早稲田大学で行われた緊急集会「天安門事件と08憲章を考える」に参加したことを書きます。

思っていたより分かり易い内容で、5時間という長い集会でしたが飽きなかったです。中国の民主活動家の現状を知ったのはよかったですね。自分のデザインした08憲章や天安門事件のプラカードを使ってくれているのは知っているので、どこか親近感もあります。

香港の活動家やツイッターを使った抗議行動の話し。なんというかセンスがいいんですよね。そのへんの話しは集会で講演もされた及川淳子さんのコラムをお読みください。

及川淳子
http://www.shukousha.com/column/category_8/


本題ですが、集会では「なぜ日本の知識人は中国の民主化運動に黙っているのか?」という話しになりました。

メモよりちょっと抜粋。

劉燕子さん
「08憲章や中国の民主化運動を支持してくれるのは日本では右翼だけ」
「日本人は中国の内政問題に干渉しない。内政問題と人権問題は違う」

子安宣邦氏
「沈黙せしめる中国と、沈黙する日本」


子安氏について知りたければこれを読むのが一番ですね。

NHK:爆笑問題のニッポンの教養 FILE046:「『ニッポン』を疑え」
http://www.nhk.or.jp/bakumon/previous/20080909.html
※マイミクさんが見つけてくれました。

あー左翼の人なのね、と一言で片付けるのは簡単ですが、そういう方が中国の民主化運動の本を出したり、集会を主催しているわけで個人的には頑張っているなあ、と思いましたよ。

右と左という話しで言えば、日本で中国の民主化を訴えれば右翼というレッテルがついてきます。フリーチベットもフリーウイグルも左寄りの人権運動のはずですが、日本では反中国共産党は右寄りの枠に入れられてしまう。

子安氏の講演は、解決していない政治的立場の葛藤と、それを客観視して分析することも出来ない苦しい内容でした。自分はその苦しさにドラマを感じて魅力を感じてしまったりするのですが、しかし活動家の人たちが見れば、中国共産党のせいでたくさんの人たちが死んだり苦しんでいるのに平和ボケな悩みだな、と一蹴されてしまうでしょう。

じつは子安氏だけではないですね。中国の人権問題を知ってしまい無視できなかった知識人の人たち。中立の立場だ、中国政府に抗議するつもりも対立するつもりもない、研究であり政治活動でない、と訴えても中国政府の政策批判を広めていることは何も変わらない。

子安氏が面白いのは「日本人はなぜ黙っているのか?」とテーマとして上げているところ。

子安氏の集会の文章はこちらで読めます。迷走しているなというのが個人的な感想。
http://homepage1.nifty.com/koyasu/remark.html

で、自分が考える日本人が黙っている理由。それは恐怖心です。日本の様々なタブーの一つに中国が入っていると自分は考えています。経済とか構造的な理屈の前に、とにかく関わらないほうがいいことの一つになっている感じです。

他国の問題だから日本人は関心がないというのは嘘ですね。知らない人は別として、日本人の身近に影響する問題だから関わらないようにしている人が多いのではないか、と最近考えるようになりました。

自分に影響のない他国の話しなら人権問題として堂々と声を上げられることもできるわけで、そして知れば知るほど距離を置くべきだと考える人もいるでしょう。

上野の聖地チベット展の抗議で、アピールしているチベットサポーターが「こんなことして危険じゃないんですか?」というような声のかけられ方をしたという話しを何度か聞きました。正直に言ってしまえば、日本でフリーチベットの活動することは危険です。

ここで黙っている人や抗議しない人を否定するのは簡単ですが、ある意味、関わらない理由は複雑ではないと考えています。恐くて危険でトラブルになって利益にならないようなことに自ら近づく人もいないでしょう。

問題はやらない理由より、やっている理由です。

なぜフリーチベット、フリーウイグルに参加するのか?
なぜ中国政府に抗議するのか?

そして、子安氏がなぜ08憲章の本に関わったのか? 

子安氏が黙っていられなかった理由にこそ意味があるわけです。「沈黙せしめる中国と、沈黙する日本」といって東アジア共同体を批判し、民主主義の自由なアジアのために強い抵抗線を引くべきだと訴える、その考えはどこから来たのか。。。

「なぜ黙っているのか?」の答えはそこにしかないでしょう。

スポンサーサイト


2010年01月29日(金曜日) | コメント(0) | トラックバック(0)
カテゴリ - 雑感


在特会のこと。

最近「8陣さんは在特会支持なんでしょ」と数人に声をかけられました。このブログで外国人参政権の件で期待していると書いたからだと思うけど、在特会については白黒つける必要はないと思っている。ある部分では評価するし、ある部分では評価すべきではない。

評価すべきではない部分は、抗議の内容や抗議する相手や場所について個人的に同意できないところがあるという理由で、それは他の団体の抗議行動でも思うことだし、在特会に参加する人たちも毎回選んで参加しているとおもう。

自分は活動家ではないので、在特会に対して白黒つけなくてならない立場ではないということですね。現代日本の現象の一つとして捉えている感じです。

自分が在特会に興味を感じているのはデモのスタイル。主催者側も最低限のルールはあるのだろうけど、旗もプラカードも自由、何を叫ぶのも自由、沿道に妨害する人間がいたらやっちゃってかまいませんというアナウンス。

在特会の存在を教えられたのは、じつはチベット支援者の方からで、マナーに厳しいチベットやウイグルなどの民族系デモと全く違う。とにかく自由で面白いという話しから。

デモが過激だと一般の人が引いてしまうと考えるのが普通ですね。ネット上では必ずそういう議論があり、暴力的な騒ぎやトラブルがある度に参加者は減るはずだと。しかし参加者は増えていますね。

在特会に戦略がない未熟だという意見も見られますがそれは逆。ネット時代に生まれた戦略的な政治運動だと自分は考えます。

今までプロフェッショナルな活動家が主に行ってきた政治活動ですが、ネットによって誰でも参加出来る時代になったわけで、その中でアジテーター(扇動者)の1人として頭角を現したのが桜井誠氏ですね。

しかしプロの時代からアマチュアへ、と言っているわけではありません。プロもアマチュアも関係ない。誰でも参入できるし、実力があれば影響力のある存在になれる。そして辞めるのも自由、ということですね。ただ政治活動を行えば、訴えられたり、逮捕されたり、傷つけられたりのリスクは当然出てきます。

誰でも参加が出来て敷居が低く、自分が言いたいことを叫ばせてくれて、過激であっても許されるところもあり、イベントでは何か事件が起こるかもしれない、そんな政治運動があれば参加者は増えるのは当然かもしれない。

最終的にデモ参加者が求めているのは「手応え」ですね。「世の中のために自分の行動がプラスになった」と考えられるかどうか。在特会にはそれがあるのだと思います。

多くの人が在特会はプロレスだと指摘していますが、称賛も批判も取り込んでしまうそのスタイルは今後も様々な人たちを煽り続けるはず。反在特会の方々も文句を言いながら現場に出向いたり、生中継を見たりしているのが現状です。


最後に右翼というレッテルのこと。日章旗を持ってシナ中共と叫べば、世間は右翼だと指さすでしょうが、それだけで右翼になれるわけではない。活動家の世界はシビアだと自分は聞いているし、そう理解していて、人に言われて名乗れるようなものでもないと思っています。

もちろん在特会の参加者の殆どは、自分が右翼だとは思ってはいないはず。ただ「世間からは右翼だと思われてしまうだろうなあ」と感じてはいるでしょう。

その参加者は「日章旗を持った素人右翼」なのか。それとも「日章旗を持った一国民」なのか?


というわけで在特会には期待してます。



2010年01月28日(木曜日) | コメント(1) | トラックバック(0)
カテゴリ - 雑感


「アバター」の上映縮小を指示=国産の「孔子」支援-中国当局

「アバター」の上映縮小を指示=国産の「孔子」支援-中国当局
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010011800409
 【香港時事】香港紙・リンゴ日報は18日、中国の国家ラジオ・映画・テレビ総局が米SF映画の大作「アバター」(中国名・阿凡達)について、上映規模の縮小を映画業界に指示したと報じた。
 また、共産党宣伝部も国内メディアに対し、「アバター」に関するニュースを大きく扱わず、娯楽報道では近く公開される中国映画「孔子」に重点を置くよう要求したという。
 中国当局は、「アバター」が大ヒットして国産映画の市場を侵食していることを懸念。また、鉱物採掘を目的とする地球人の侵略に異星人が抵抗するストーリーが、中国各地で当局が行っている宅地の強制収用に対する反発をあおる事態を恐れているという。(2010/01/18-14:37)

中国は「アバター」がお嫌い 「侵略」に反発
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/100119/tnr1001191102007-n1.htm

なかなか面白いニュースです。
忙しくてまだ見ていないのですが「アバター」はちょっと観ておかないと後悔しそうですね。3D映画の時代到来という意味が大きかったりしますが。。。いろいろな映画評を読むと語りつくされた侵略の物語という内容みたいです。しかし時代がただの映画にさせませんね。



ちなみにその「孔子」の主演はチョウ・ユンファ。こちらも良さそうです。



チョウ・ユンファといえばチベット僧を演じたバレットモンク。チベット支援者が観たら納得いかないかもしれませんが、映画としては良作です。



2010年01月20日(水曜日) | コメント(0) | トラックバック(0)
カテゴリ - 中国 08憲章 天安門事件


インターネット・フリーダム!

米政府とグーグル、中国のネット検閲・サイバー攻撃に強硬姿勢表明
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-13315420100113

>クリントン米国務長官のロス上級顧問は12日、ロイターに対し、中国を含む外国での
>検閲されていないインターネットへのアクセスを可能にすることを目的に、長官が
>技術政策「インターネット・フリーダム」を来週21日に発表することを明らかにした。

インターネットで反中国共産党の情報を伝えている我々にとっては朗報ですね。

映画、書籍、地下放送、新聞、ビラやミニコミ誌。。。
ラジオフリーアジアは短波ラジオからスタートしています。

様々な媒体を使って多くの人たちが戦ってきた歴史の中で、「インターネット・フリーダム」が大きな事件になるかどうか分かりませんが、ともかく私たちの武器はメディアしかありません。伝えることだけです。



2010年01月13日(水曜日) | コメント(0) | トラックバック(0)
カテゴリ - 中国 08憲章 天安門事件


あけましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いします。



2010年01月01日(金曜日) | コメント(0) | トラックバック(0)
カテゴリ - 雑感






ブログ内検索



Radio Free Uyghur Japan
Radio Free Uyghur Japan ラジオフリーウイグルジャパン

応援のクリックを!
ツイッター

Tシャツ販売中!
ClubT
T-Shirts Trinity
CafePress

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:


RSSフィード

最新記事のRSS
最新コメントのRSS
最新トラックバックのRSS


運営

管理者ページ


copyright © 8陣design blog all rights reserved.  Designed by 8jin design
まとめPowered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。